採用情報

CSRの取り組み
CSR

  • 安全品質への取り組み
  • 環境への取り組み
  • 運輸安全マネジメントへの取り組み

安全品質への取り組み

月次安全会議の実施

  • 毎月1回、運行 及び 車両に関わる管理者、ドライバーが集合し、事故事例を用いて水平展開、及び ディスカッションを行っています。
    また、会議以外でも、弊社車庫にて問題検証を行いKY(危険予知)活動、リスクアセスメントの実施をしています。

大信物流は「安全」「安心」「品質」を確保するため全車両に最新設備を設置

  • デジタルタコグラフ

    デジタルタコグラフ

  • ドライブレコーダー

    ドライブレコーダー

  • バックモニター

    バックモニター

  • アルコールチェッカー

    ASV(先進安全自動車)装置

外部安全講師招聘、外部機関研修会への参加

  • 定期的にドライバーと管理者を対象に外部講師を招聘し、事故防止に関する講習会を開催しています。
    また、ドライバーを対象とした外部機関における安全運転研修会への積極的な参加をする事により全社員一丸となり事故撲滅運動をおこなっています。

優良ドライバー表彰制度 ・ 管理職ドライバー制度の導入

  • ドライバーの、より安全意識向上のため、毎月デジタコ評価点数優良者への奨励金制度と年1回無事故達成者には優良ドライバーとして表彰制度を設けています。
    そして恒常的に模範となるドライバーには役職付ドライバー制度を導入し、ドライバー間での強い組織作りと、密な連絡体制を構築しています。

環境への取り組み

グリーン経営認証

2005年「グリーン経営認証」を取得致しました。(大阪営業所・新潟営業所)

基本理念

私達は、物流サービス事業が社会的、公共的に重要な活動であることを自覚し、「環境保全」と「安全確保」に積極的に取組み、人々が健康で豊かな生活を営むための環境を維持することで社会に貢献し、「期待」と「信頼」を得る総合物流企業を目指します。

基本方針

1.関連する法規制、条例及びその他の要求事項を遵守するとともに、
主的な基準を設け環境管理の維持、向上に努めます。
2.大気汚染防止、地球温暖化防止を最優先し、
新規制適合車の導入、エコドライブの実践を推進します。
3.環境教育・管理システムを構築し、社員の環境保全に対する意識と活動の向上を図ります。
4.環境目標を定め、計画的な取り組み・評価をすることにより継続的な改善を図ります。

5.本方針は社内に周知徹底するとともに、広く一般に公開します。

  • グリーン経営とは

    グリーン経営( 環境負荷の少ない事業運営)は、中小規模の事業者でも環境改善に向けた取組みの目標設定とその評価が容易になり、自主的で継続的な環境保全活動を行うことができます。

    グリーン経営認証とは

    グリーン経営認証は、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組みを行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。(トラック事業:2003年10月1日から開始。バス、タクシー事業:2004年4月1日から開始。旅客船、内航海運、港湾運送、倉庫業:2005年7月1日から開始)

パートナー企業様募集中